ここいいよー♪~θ(^0^ )

  • いいのが当たるかも?!
  • ポイントが高い!
    フルーツメール
  • CM見るだけ♪
  • じゃんけんしようぜ!
  • 300円で換金OK

オススメ(文字バージョン)☆

最近のトラックバック

« おひさしぶりです。 | トップページ | 餡かけ祭り!? »

アントキノイノチ

こんばんわ、オレンジです。

日曜日行ってきました映画。
タイトルそのままですね、

「アントキノイノチ」

です。

泣けました。
でも、その涙がどんな感情のものなのか。
表現できないオレンジの中の言葉のなさに、
自分でがっかり。。。

面白いとか、悲しいとか、似合わない映画なんですよね。
ただただ、現実がそこにある、みたいな。
生きることも、死ぬことも、考えると苦しい。

けど、それから逃げることもできないし、
自分なりの答えを見つけて、進むしかない。
助けが必要なのに、なぜ誰も気づいてくれないんだ。

だから壊れた。。。
でも、誰かと繋がっていたからこそ、ここにいる。
誰かの生と死から、自分はここにいる。

そんな、感じの映画だったように思います。

この映画をみて、切実に思ったのは、

「いつ死ぬかわからない、身の回りの物は整理しよう」

ですね。ええ、それはもう、真剣に。

遺品整理の仕事について、いろいろと体験し、
そこから学んで行く、男の子と女の子の話なんですが、
遺品整理って大変なんだな、と。

儲けるためだけにできるような仕事じゃないです。
この映画では、綺麗に見せることよりも「現実」に、
重きを置いているのかな。

まぁ、現場は映画に登場するようなものより、
もっと過酷だとは思うんですが。
オレンジには、はっきり言って無理です。

いろいろと考えさせられるいい映画だと思います。
しかし、帰り際にカップルが・・・
彼女さんは「泣いちゃった」とか言ってたんですが、
彼氏さんの方が「俺、全然わからなかった」と。

今の若い人たちって、そこが浅いと思わせる発言は、
控えたほうがいいんじゃないかなぁ、と。
なんだか、オレンジに言ってるわけじゃないんですが、
聴こえてくるとガッカリします。

まぁ、自分を物語の主人公にトレースするのは、
かなり難しく、理解しにくいんですがね。
でも、この映画はそんな風にして観なくていいんですが。

生きること、死ぬことを考えられる映画だと思います。
観る価値はありますよ、もちろんオレンジの主観ですが。
ちなみに、ストレートに入れるほど簡単な映画ではないかな。

ちょっと、帰りぎわ、妙に心が静かだったオレンジでした。


よければポチっと☆

Banner_04

« おひさしぶりです。 | トップページ | 餡かけ祭り!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私はビデオで観ました。
ほんとうに俳優さんたちの演技が真に迫っていて思わず
吸い込まれてしまいそうな心境になりました。
私も8年前に両親を相次いで見送り、遺品の整理うぃしたところ
いままで目にしたことのない両親の写真や日記が出てきました。一つ一つじっくり目を通しました。そこにはいままで全く知らなかった両親の顔や心の中を垣間見ることが出来ました。
整理しているうちに自然に涙が零れ落ちてきました・・・・・
生きている間になぜ気付いてやれなかったのかと後悔しました・・・もっと親孝行しておけば良かったと!!
いまでも時々生前の写真を見ながら涙している今日こsadの頃です。

>雅楽さん

親孝行。なんだか照れくさいんですよね。
しかし、突然いなくなることもあるのですから、
しなきゃいけないなぁと思います。

遺品整理とは、本当にいろんなことを
教えてくれる、伝えてくれる行いだと思います。
そのときがきたら、自身でできるといいなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/324195/43282333

この記事へのトラックバック一覧です: アントキノイノチ:

« おひさしぶりです。 | トップページ | 餡かけ祭り!? »